Yahoo!トラベル
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

旅メモ 旅の日記、旅のクチコミ みんなでつくる旅の情報サイト

はじめての方へ

  • トップ
  • 国内から探す
  • 海外から探す
  • 旅びとを見る
  • My旅メモ

お気に入りの人

  • メイン
  • 旅日記
  • クチコミ

海外旅日記

トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真

  • 海外

トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国

エリア
旅行期間
2012年9月22日〜2012年10月1日(10日間)

夏休み、トルコ周遊10日間の旅行記です。

投稿日:2012年10月11日

  • この旅日記が役に立った人(13
  • コメント(6
  • トラックバック(0
内容

14:00すぎ、エジプシャンバザールへ。


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



残りは18リラ!1000円もありませぬ。
妹へのアクセサリーを買うぞぉ〜


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



ガイドさんがいつも待ち合わせに使うという、バザール入り口付近の「エドのお店」へ。
日本人の奥さんを持つトルコ人のお店です。
ガイドさんいわく、「正直なトルコ人の店。彼らはいい人だから、安心して買い物ができます。」だってさ。
トルコ人、やっぱり詐欺とか多いのかな??

ザクロティーのサービス


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



「たろうのはくりたばいのみせ」 って・・・(笑)


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



旅行も終盤にきて、もう値切るのとか面倒くさい。
てことで、お店に入って「15リラで買えるアクセサリーを見せてください!」作戦です!
絶対やすーい商品しか紹介されないだろうけど、時間もないからいいんだもん。

ツアーの皆さま、この期に及んで買い物欲が旺盛です。

エジプシャンバザールに比べて、チャライ男が少ない!
なんか普通に買い物ができる〜

結局、妹へはピンクのピアスをゲット。

ショックだったのは、まさかの「タイルはエジプシャンバザールが最安値!」だったこと!
1枚5リラとかで売ってるし〜
普通、こういうとこってぼったくるじゃないの??
さすがにこれ以上、タイルはいらないや〜
しかも今日買ってしまうと、そのまま帰国するから手荷物扱いになっちゃう。

他にも、香辛料もいっぱい売ってます。


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



サフランとか小パックが3リラとかで売ってるし。
さぁて、残った3リラ、どうするかな〜

1リラはトイレチップで必要だし。
まずはバザール外にあるトイレへ。

日曜日だし人がいっぱいで天気もいいし、気持ちいいー♪

どうせだから、気になってた 焼き栗 を買っちゃおう!


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



値段は小サイズ4リラ〜。
おじさんに「2リラ分の栗ちょーだいっ」といったら、OKとのこと。
ちゃんと秤で分量をはかってくれました。
2リラだと、栗は6個のようです。

うん、なんかコリコリしてる。
生っぽいけどほんのり甘ーい♪
友達は買い物忙しくて、栗とか買う時間もないだろうから、あとはお土産にしてあげよっと☆

栗だけじゃなくてトウモロコシも売ってるんだよ〜


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



15:15の集合時間までまだ時間ある。

てことで、ふらっと「エドのお店」の隣の店に入ってザクロティーをご馳走になる。
1文なしだけど、お茶ご馳走になっていいのかしら〜^^;
店員のおじさんとまったり世間話。
「How old are you?」って聞かれたから逆に「何歳に見える?」って質問してみる。
うまいね〜「23」だって。
ありがとーございまーす♪
結局、押し売りもされずにお茶だけご馳走に。

あ、バザールでクロスミの試食するの忘れちゃった〜

15:15 ついに全ての観光を終了!

でも帰るってカンジがしなくて、これから別の国にいくんじゃないかって思えちゃう。
ガイドさんからは「元気のよい人が集まったツアーでした^^」と感想をいただきました。
どうも、ツアーによってはお客さんは全く笑わないので、現地ガイドさんは「本当に自分の日本語がお客さんに通じているのか」不安になるらしい。
ガイドさんはツアーガイド歴17年だし、バスドライバーさんも十数年の運転歴だったし、安心のツアーでした。
本当にありがとうございました〜

空港でおすすめのお土産で、どうもクルミ入りのミルフィーユの様な美味しいトルコ菓子があるらしい。
多分、「バクラヴァ」というお菓子だったかな。
ただし、3日くらいしか日持ちしないお菓子らしくて、日本にお土産で買うなら空港しかないんだって。どんな味なんだろ。本当に美味しいのかなぁ?

16:00 アタテュルク空港に到着!
どうやら、あんまり時間がないみたい。

トルコ石を免税店で買っていた私は、免税手続きが必要。
普段、貧乏旅行ばっかりなので免税手続きとは無縁な私。
そわそわしてたけど、そこはツアー、ちゃんと、免税手続きをしてくれるスタッフが来てくれました。
たぶん、トルコ石だと15000円以上の購入だと手続きが必要なのかな?
1万円台前半の買い物をした人は手続きが不要でした。

当然、絨毯おばさまは免税手続き組。
ここでまた、驚愕のお話が。
どうやら、おばさま、自分の子供に家を買ってあげたらしい。
それも3軒!!横浜、静岡、埼玉に。

「家って3軒目で自分の理想の家が建つらしいのよね〜」

って別の奥さまが言うと

「そうそう、だから私は3軒目は全部自分でデザインしたのよ

ってさ!
やっぱりただ者じゃなかったわ〜・・・

出国手続き、混雑してたから時間かかったー

スーツケースを壊した友人、絶対成田まで危ないと思ったので、スーツケースをテーピングしてもらうように説得。
無事に荷物が届きますように〜

出国したら、とりあえず洗顔して歯磨き!
友達は免税店に化粧品を買いに行ったり、とにかくほとんど時間なくて忙しかった〜

イスタンブール→カイロ間のフライトでは、同じツアーの人の良さそうなご夫婦のお隣の席でした。
いろいろお話させてもらったんだけど、夫婦2人で仲良く旅行を続けているのはステキでした。
旅行話をする顔は、キラキラするんだよね、人って。
静岡から来られているみたいなので、帰国したら急いで新幹線に飛び乗るらしい。
夜に帰国だと大変ですよね。

ちょっとここから、トラブルに関する別の話になります。
長くなりますので、ご興味のある方のみ読んでいただければと思います。

カイロ行きの飛行機では、日本人の団体ツアーが4つくらい一緒に。
ここでどうやらトラブルがあったらしい。
実際に見ていないので、どこまで正確かは保証できませんが。

私達のツアー、仮にA社としましょう。
別のツアー、仮にB社としましょう。

ここでの登場人物は
・A社 添乗員さん、若い女性2名
・B社 添乗員さん、若い男性1名、周りにいた女性数名

飛行機でどうやらダブルブッキングがあったらしい。

B社が先に飛行機に乗り込んでいた。
私達A社の女性客2人が後から行くと、先にB社の男性客とその母親が自分の席に座っているのを発見。
どうやらB社の男性は

「先にB社が乗ってたんだから、この席は俺のものだ」

と主張。
私達A社の添乗員さんも、それもそうだろうと了承。
その後しばらく、A社のダブルブッキングになっていた女性2人は立ったまま自分たちの新しい席がアサインされるのを待っていたらしい。
するとどうやら、新しい席はビジネスクラスになるっぽいことが判明。
そのとたん、B社の男が急に態度を変えて「俺が席を替わる」と言い始めたらしい。
そりゃ虫のいい話でしょ!

てことでA社添乗員さんは

「A社の女性客2人はずっと立って待ってたんだし、仮にビジネスクラスになっても2人バラバラの席になるかもしれないんですよ。
 それでも替わりたいんですか?」

と聞いたらしい。
すると、B社男性ははっきりせず、うやむやになり黙ってしまったらしい。
そして態度を急変!
A社の添乗員さんに強く威嚇してきたらしい。
(このときのことをA社の女性2人は「チューしようとしてるのかと思ったくらい接近してました」と言ってました。)
A社添乗員さんは、「添乗員には席を決める権限は無いから、機長が決めることです!」って強く”言葉での必死の反抗”をしたらしい。添乗員さん、恐怖で足が震えていたらしい。

この状況を、なぜかB社の他のツアー客女性たちは

「A社の添乗員が威圧的な態度でB社の男性に席を替われと無礼を働いている」

と勘違いしたらしく、その場は野次で騒然となったらしい。

B社男性「おれはA社の添乗員に威嚇なんてしてない。
     おれはA社の偉い奴に抗議してやる。
     ネットにも悪口を書きこんでやる!」
B社女性達「A社添乗員なんて、添乗員として最低よ!」
B社添乗員(自分のツアー客じゃないから私は関係ないわ〜ってふりをして抗議をしてきた)
     「どうしたんですか〜?何かあったんですか〜?」


とまぁそんなことがあって、A社の女性2人は、B社の添乗員のサブから
「添乗員さんの名前はなんて言うんだ?」
って聞かれてきたらしい。
本人に直接聞かない所がいやらしい。

ここまでの話、私はA社側のツアー客だし、実際に見ていたわけではないのだけど、ダブルブッキングなんて普通にあることだし、カイロまで2時間のフライトだよ!?
そんなに目くじら立てること???
確かに私達A社の添乗員さんは話し方がサバサバしているから、もしかしたら誤解を受けやすいのかもだけど、10日も一緒にいた私にしてみれば、間違ったことは言わない方とは思うのですが。
A社の女性2人も、赤の他人の私がツアーで一緒にいて癒されるってくらいにステキなお2人。
嘘をつくような方では絶対にありません。

カイロに到着。
このとき、このいきさつの話を初めて聞きました。
みんなでビックリ。
すぐ近くにB社の団体が。
B社の添乗員の声が異常にアニメ声で(笑)、その声を聞いて、何も知らない私達A社のおばさま、思わず噴き出しておられました。
偏見だけど、アニメ声ってぶりっこに聞こえるね^^;

A社もB社も旅行会社大手。
きっといろいろ敵対するところもあるのでしょうか。

気を取り直して、1週間ぶりのカイロ空港〜
UNOとかで盛り上がっていたのが懐かしい♪

そうそう、機内食で食べたビーフ。
うーん、トルコの味にも慣れてきたなぁ。


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



友達は、成田便で飲むためのお酒を探して免税店をかけまわっていました。
そう、エジプトではお酒はNGなので、免税店でちゃんと包装してあるお酒しか機内に持ち込めないのだ。


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



22:20 搭乗開始。
いよいよ日本に向けて出発かぁ。

機内にて、トルコ現地ガイドさんがおススメしてたトルコのお菓子を、添乗員さんがトルコの空港で買っておいてくれたみたいで、1人1個配ってくれました♪
出国に忙しかったから忘れてたよ〜
気にはなってたんだよね☆


トルコ旅行記23 エジプシャンバザール、そして帰国の写真



ん、これ、ピスタチオのミルフィーユみたいな!
予想外に美味しい!!トルコ菓子にしては甘すぎず、サクッとして。
いままでツアーの食事で食べたどのデザートより美味しいです〜☆
満足〜ありがとうございます〜!!

友達Aちゃん、ここでもやっぱり現地人にモテモテ
エジプト航空のCAのおじさんに、名前を覚えられて通り過ぎるたびにちょっかいをかけられてました(笑)
こんなチャライCAのおじさんですが、宗教の問題からお酒には空瓶であっても触れられないんだって。
飲みほしたワインの瓶は、友達が自分でゴミ袋に入れてくださいとのこと。
意外と敬虔なイスラム教徒だった。ビックリ。

さぁて、いろいろあったけどトルコ旅行も満足でした♪

とまあ、トラブルはむしろこれからだった。
しかも今回は私は目撃者。
トラブルの話はちょっと。。。って方は、読み飛ばしてください。

カイロ→成田便での座席はこんなかんじ。機内の右半分の座席。

添・・・A社添乗員
●・・・ダブルブッキングにあったA社女性
私・・・私です。
友・・・私の友達
○・・・他のツアーの日本人や、黒人さん

---------
機内右側半分
○ 
   ○○○|窓
添 
   ●○○|窓

   私友友|窓

   ○○○|窓
---------

カイロ→成田まではずっと夜。
なので、機内食を食べる以外は照明を落として、お休みモード。

私はお水飲みに、トイレ付近まで席を立つ。
すると、トイレの前で女性3人がかたまって何やらずーっと悪口・文句を言ってる。
あら、1人はなかなかの美人さん。(←美人に反応する私。笑)
でもやだなぁ。世の中、そんなに悪口ばっかり言う人が多いなんて。
さっきのトラブルとかもあったばかりだから、まだ気分はブルーです。

席にもどってしばらく通路を眺めながらぼんやり。
トルコ楽しかったなぁ〜なんて空想にふける。

日本人女性が私の横を通り過ぎて前へ行く。
するとA社添乗員さんの席の横で、体の大きい黒人さんとぶつかってなのか、何か忘れ物をしたのか、とにかく尋常でないスピードでターンして走って後ろの席に戻っていく
あ、さっきトイレの前にいた美人さんじゃん。
こんな夜の機内でどうしたんだろ???

すると、アイマスクをして寝ていたはずのA社添乗員さんがぱっと起き上がって何か怒っている。
私の目の前に座っていた、先ほどダブルブッキングされてた女性に聞いてみる。

「どうもね、さっき走って行った女性に添乗員さんが
 オレンジジュースをかけられたらしいの 」
「多分、その女性はダブルブッキング事件の時に周囲にいたB社の女性客で、A社添乗員さんの悪口をその後もずっと言い続けてたんだよね。
 嫌がらせしにきたんだと思うの。」

えっ!! オレンジジュースをかける!?
そんな嫌がらせ、アメリカのドラマ「Glee」の中だけの話だと思ってました。

私「私、その瞬間見てました!!B社の女性って美人系のかたですよね!?」

まさかの私、目撃者となってしまった。

A社添乗員さん、「やっぱりその女性ね。ちょっと行ってくる!」

怒りながらB社の女性客の元へ走っていきました。
どうやらB社女性客、「オレンジジュースをかけたことは認める」が「偶然ジュースがかかってしまった」と主張するらしい。

エジプト航空のCAに、証言を求められたので、状況を私ともう1人の女性で説明。
A社添乗員さん、「クリーニング代は支払ってもらう」と念のための証拠写真を撮ってたけど。。。
いったい、どうなるんだろう。。。

どうやら結局、B社の女性客は

「私はジュースはかけてない

と言い始めたらしい。その女性の母親も

「A社添乗員なんてジュースをかけられて当然の添乗員よ!」

と感情的になられたそうで。

このころになって、ようやくB社の添乗員も登場。
が、「A社の添乗員は頭がおかしい。私は自分のB社お客様を信じます。」と言ったらしい。

結論。
B社の女性からはクリーニング代すらもらえず。

てかね、いい大人が、それも日本人同士がですよ。
なんでこんなに仲悪いんでしょうか。
仮に、A社添乗員の言い方が悪くてB社のツアーの方を不快にさせたとしてもですよ、
そこでジュースをかけて報復するなんてことしちゃ、ダメでしょう
幼稚過ぎです。
その場で目撃してしまったから、なんだかやりきれないこの思い。

でもね、私個人としての感想。
B社のトラブル男性、女性。
きっと、旅行中も何かしらツアーで浮いていたと思うの。
だって旅行の最後だけこんな問題起こすはずないもん。
私がB社のツアーにいたら、きっとトルコ旅行中にイライラさせられていたと思います。
ツアー会社というより、これはお客様個人の問題。
私のツアーには、ここまでトラブルを起こす方がいなくて、良かったです。
そう思うことで、トラブルの話はここで終了とします。


成田行きのエジプト航空、半分がトルコから帰ってきた日本人。
トイレで順番を待っていると、他のツアーの方から話しかけられる。
その方はトルコ15日間のツアーに参加されたようで、毎日ピーカンの晴天に恵まれてトルコを本当に楽しんできたらしい。本当にうれしそうに話をされていて、かわいらしいおばさまでした。
15日間で19万円だからねぇ、確かに安いわ〜。

トイレから戻ってきて友達にその話をすると。

「でも正直15日もトルコだと飽きちゃうのでは。
 もし15日あるなら、ヨーロッパ周遊したいなぁ。」

なんて意見に。
・・・確かにそうだわ。
私なら南米に2週間行きたいもん。
ボリビアとブラジルを周遊したい。
うーん、人間は欲張りな生き物です。(笑)

夕方18:00くらい、ようやく成田に到着です!!
あ、なんか気持ち肌寒い気もする。秋のニオイです〜
10日間、あっという間で毎日充実してました。

トルコありがとうアイコンアイコンアイコン

現地ガイドや添乗員さんから、トルコ旅行大使として周囲の友達にトルコ旅行を薦めるようにお願いされてますし(笑)
みなさん、トルコはお手頃だし見どころいっぱいだし、ぜひ次の旅行先にしてみてはいかがでしょうか??

長々と書いてしまいましたが、読んでくださった方、ありがとうございました♪

コメント

  • はじめまして〜
    北欧の旅を検索してたどり着き、ここ一週間ずーっと拝見させていただいてて、
    旅日記ようやく追いつきました!
    すごく楽しんで旅行されてて、文章も上手で読みやすいし面白いです!
    そして…耐えきれず…
    北欧オーロラツアー申し込んでしまいました…ひゃっほう!\(°∀°)/
    年末年始で初ひとり旅(ツアーですが…)行ってきます!

    そこで、もし時間があったり気が向いたらでいいんですが、
    旅行の必需品とか、愛用グッズ(服装とか靴とか…)
    みたいなものとか記事にしていただけたら…
    すごく興味があるというか参考にさせていただきたいのです!

    いきなりぶしつけとは思いますが
    旅行初心者なのでぜひ!お願いします!

    mioさん

    2012年10月15日 12:24違反報告する

  • > mioさん
    コメントありがとうございます♪
    年末年始、北欧オーロラ、いいですね〜
    私はカナダでオーロラなので、同じタイミングでオーロラ見れるといいですね!
    旅日記が役に立ったなら嬉しいです^^

    そして、ぶしつけなんてとんでもない、嬉しいアドバイスありがとうございます!
    早速、記事にしてみようと思います ^^v
    こういうの大好きなんですよ〜うきうきしてきました☆
    1人でも読んでくださる方がいるなら・・・♪

    なつこさん

    2012年10月15日 20:11違反報告する

  • エジプシャンバザールは知らなかったです。
    グランドバザールとは違うのかな?

    2006年にほぼ同じツアーに行きました。
    食事は最終日イスタンブールヒルトンの
    朝食ビュッフェが一番おいしかったような気がします。
    安いツアー(18万位)だったからかな?

    fij**n787さん

    2012年12月15日 10:54違反報告する

  • > fij**n787さん
    エジプシャンバザールはグランドバザールに比べると規模は小さいです。
    大昔、エジプトから輸入された貴金属などを取り扱っていたことが名前の由来のようです。
    私も16万円強のツアーでした!お財布にやさしいツアーレベルなので、文句は言えないんですよね^^;でも16万円台でこの内容はお得でした♪

    なつこさん

    2012年12月15日 22:02違反報告する

  • こんにちは〜
    2013年11月4日から10日間、トルコに行ってきます。
    旅行記、拝見させていただきました。また、十分参考になりました。
    旅行大使にならって楽しんでこようと思っています。

    カッチャンさん

    2013年10月27日 15:20違反報告する

  • > カッチャンさん
    コメントありがとうございます!
    他にもトルコツアーに行く人にお役に立てればと思って書きました♪
    トルコ、楽しんできて下さいね(≧∇≦)

    なつこさん

    2013年10月27日 22:33違反報告する

コメントを書き込む

ゲストさん

ゲストさん

  • ※全角800文字以内

この旅日記を評価する

この旅日記は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

利用規約に違反している投稿を見つけたら、違反報告するをクリックして報告できます。

詳しくはこちら


アイコンのご案内

海外
エリアが海外である
地元
エリアが投稿者の地元である

旅びと

なつこ
Yahoo Image
年代
20代
居住エリア
東京都
ひとこと
GWはANAマイル旅行でニュージーランドへ行くことにしました。果たして休みが取れるかな〜?

ファン

47人の
ファンがいます

47


旅日記



Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.